海外ドラマ Bitten-わたしを愛した狼-のあらすじと小ネタ

Bitten はカナダで放送されたテレビドラマ。ネットフリックスでシーズン2まで配信中。
原作はケリーアームストロングの「Women of the Otherworld」

あらすじ

第1シーズンはただ一人の女ウェアウルフであるエレーナ(美人)の悩める話に重点が置かれている。彼女はかつて狼人間としてウェアウルフの仲間と一緒に暮らしていたが

1年前に仲間と別れてからは、カナダのトロントに移り住んで、ボーイフレンド・フィリップとイチャイチャして暮らしていた。

そんなある日、謎の狼が女性を襲う殺人事件が発生。人狼である自分たちが疑われるとまずいので人狼グループは集まって「やべぇよやべぇよ、誰だよー。人間は遊びで襲わないって決めてんだろ」と話し合う。

狼仲間で話し合った結果「どうやら野良人狼がいるらしい。俺たちで捕まえるぞ。エレーナお前も手伝え」となった。

エレーナは彼氏のいるカナダを離れたくなかったが、ウェアウルフ達を助けるためにニューヨーク北部に向かう。

この後エレーナは人狼の厳しいルールとその責任との間で苦悩する。

また自分が狼人間になった要因であり、元彼のクレイトンとの関係もあってさらに悩みは深まっていく。

第2シーズンは邪悪な黒魔術を使う集団(左道)が登場。また魔女(サバンナ)を救うために戦うルースとの出会いが話の中心となっていく。

小ネタ&感想

■bittenというタイトルは原作(全13巻)の第1巻タイトルが元になっています。

■このドラマはカナダのSpaceチャンネル用に制作され、実際の舞台 トロントで撮影。
カナダでの放送期間は2014年1月11日から2016年4月15日まで、ドラマはシリーズ3で完結。

シーズン1 全13話 2014/1/11~4/5
シーズン2 全10話 2015/2/7~4/11
シーズン3 全10話 2016/2/12~4/15

■さらにカナダではシーズン2の放送が終わった後に、最新話について俳優とプロデューサーがトークする特別番組「InnerSpace: After Bite」全10話が放送されました。

InnerSpace: After Bite 全10話 2015/2/7~4/11

海外のレビューを見ていると、批評家連中の評価は低いけど、視聴者の人気は高くて、かなり原作に忠実に作られているようです。

個人的にはウェアウルフってもっと狼男っぽいのかなと思ってたけど、変身後ちっちゃくなっちゃってて「えっ?」って感じになりました(笑)

そしてここまで女性が少ないのも珍しい。変身シーンは寒そうな森の中で、みんなガチ全裸だったので、ここだけでも見た甲斐がありました。(おい)

いろいろグロかったり最初からエロかったりするので、これはファミリー向けじゃないものの、一人で観る分にはファンタジー特有のミステリー感があって楽しめます。

クライストン役の人が実際にオオカミっぽくてカッコイイなと思ったら、カナダでも人気があるようです。話はオーソドックスだけど、ファンタジー系が好きな方なら楽しめる作品だと思います。3期に期待。

スタッフ&原作者ケリーさんについて

■監督:
デーガン・フリクリンド

■キャスト:
ローラ・ヴァンダーヴォート(エレーナ)
グレイストン・ホルト(クライストン)
グレッグ・ブリック(ジェレミー)
スティーブ・ランド(ニック)
ポール・グリーン(フィリップ)

原作者のケリー・アームストロングさんはカナダ出身の作家。「bitten」がデビュー作でまだ48歳とお若い。21作の作品のうち13作品がこの Women of the Otherworld シリーズ。

ファンタジーノベルだけでなくクライムノベルも書かれておられますから、読みたいなと思ったら訳本はまだ「わたしを愛した狼」のみでした。


ブラック・ダガーシリーズはbittenに似ているパラノーマル・ロマンスもので本国アメリカでベストセラーになっているヴァンパイアものですが、こちらも最新刊が出たばかりで面白かったりします。


 その他の面白作品集

アマゾンプライムビデオ「スニーキー・ピート」
「アンブレイカブル・キミー・シュミット」 ネットフリックスの面白コメディ①
「この世に私の居場所なんて無い」 ネットフリックスの面白コメディ②
「iboy」のネタバレあらすじ 【スマホが刺さったヒーロー】ネットフリックスの面白作品③

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする